筑波大学

筑波大学 : 全学生がFinale、Maxを利用可能

筑波大学 : 全学計算機システムでFinaleおよびMaxを導入茨城県つくば市にある 筑波大学 では、全学生が利用できる全学計算機システムで、楽譜作成ソフトウェアFinale、および音楽制作でも用いられるプログラミング・ソフトウェアMaxを導入しています。
これらのソフトウェアは、研究室や学部単位ではなく全学計算機システムで導入されており、東西1km、南北5kmに及ぶ筑波大学の広大なキャンパス内のどこの端末でも使用可能となっています。
 
 

情報メディア創成学類では音楽も扱う

筑波大学 : 情報学群 情報メディア創成学類のキャンパス同大学の情報学群 情報メディア創成学類では、ネットワーク情報社会に不可欠な基盤的技術の分野や、Web・映像・音楽などの多種多様な情報をコンテンツとして扱い流通させる分野において、革新的技術や科学的理論を創造的に生み出すことができる人材養成のための教育を行っています。
 
 
 

人と音の情報科学研究室(LSPC)での取り組み

筑波大学 : 音楽情報科学研究室でのゼミ風景同学類に属する教員の研究室の1つである「人と音の情報学研究室(LSPC)」では、音合成・認知・情動・音環境など、音や音楽を中心とする学際領域に属する研究を行っています。
この研究室で学ぶ学生は、「歌唱の難易度に関わる要因の分析」「ポピュラー曲におけるサビ等のパートの認知」「RWC データベースによる楽器音の分析」「ジャズの即興演奏の比較分析」「機械学習を用いたジャンルや作曲家の識別」など、総合大学ならではのアカデミックなアプローチに基づいたユニークな音楽研究を行なっています。
 
 

授業の資料作成にFinaleを活用

筑波大学 : Finaleの活用Finaleは全学計算機システム以外でも音楽研究を行う個別の研究室に導入されており、学生や教員の間では教材やプレゼンテーション資料、論文等に掲載する譜例の作成にも活用されています。
 
 
 

Maxの活用

筑波大学 : Maxで制作したMIDI楽器音のテスト聴取のパッチ学部の3、4年生を対象とした「情報メディア実験」という実験科目では、基本的なプログラミング言語を学んだ10名程度の受講者を対象にMaxについて講義を行い、またパッチ制作等の課題を課しています。
多くの学生は、この実験科目の初日に初めてMaxに触れますが、C, Ruby, Python 等の慣れ親しんだプログラミング言語・環境とは全く異質の利用方法のため、面白がって課題に取り組んでいます。実験科目の終了時には各人の作品が提出されますが、中には自作VSTを用いた再生パッチなど、力の入った作品も多く見られるとのことです。
 
 

Finale及びMaxの選定理由

筑波大学において、数ある楽譜作成ソフトウェアの中からFinaleが選ばれた理由は、これが楽譜作成ソフトウェアとして一般的に使われているためです。またMaxについては、これがコンピュータ音楽研究・制作のde facto 標準であり、またプログラミング環境としても特異で興味深いと評価されたためです。
一般授業での利用としては、学部の3、4年生を対象とした講義科目「音楽・音響情報処理」があり、ここではFinaleおよびMaxをはじめとした音を扱うソフトウェアの概略が紹介され、毎年およそ50~60名の学生が受講しています。
 


 

製品詳細

MakeMusic Finale

世界標準の楽譜作成ソフトウェア

Cycling ’74 Max

アーティストのためのビジュアル・プログラミング・ソフトウェア

 


 

教育機関向けライセンス・プログラム

教育機関における制作や研究をサポートし、音楽・芸術の未来を担う方々を支援する優遇購入制度をご用意しています。

教育機関窓口はこちら

 

About US

このサイトは、株式会社エムアイセブンジャパンの法人営業窓口 ( MUSIC EcoSystems | BIZ )の ウェブページです。 教育機関、官公庁および一般企業様向けの営業窓口、ならびに「音(オーディオ/サウンド)」に関する様々な情報の掲載、ワークショップやイベントの定期開催などを行なっております。
powerd by

おすすめ記事

Session 1 プラネタリアTOKYOにおけるイマーシブサウンドの実践 〜話題のネットワーク・オーディオ『AVB』の優位性〜 MI7グループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop | ONLINE」。2022年の第1回目は、プラネタリウムでのイマーシブサウンドの活用方法を実例を通じてご紹介するワークショップです。 なぜコニカミノルタプラネタリアTOKYOは、 ....
... READ MORE
今最も立体音響を必要としている現場の一つは、間違いなく舞台音響ではないでしょうか。 本記事は、2021年11月に長野県茅野市にて行われた公演:「鏡/MIROIRS」を舞台音響における立体音響の活用例として、芸術監督として公演を成功に導いた音楽家の岩田渉氏に寄稿いただいた貴重なレポートとなります。 ピアニストとダンサーの掛け合い、そして、そのパフォーマンスと連動したリアルタイム処理の8Kプロジェクシ ....
... READ MORE
Dolby Atmos MusicやSONY 360 Reality Audioにおける空間オーディオの配信が一般化され、音楽を制作する際の「キャンバス」も、長らく続いた平面ステレオ(2D)から、大幅に拡張されたイマーシブ(3D)へと拡張しています。このような変化の中、大型の商業スタジオでは、いち早く立体音響への対応が進んでいますが、今後は個人スタジオをはじめとする小〜中規模スタジオでも、立体音響 ....
... READ MORE
Session 2 ドライビングシミュレーター の音響システム 〜自動車産業で活躍する立体音響〜 株式会社エムアイセブンジャパングループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop | ONLINE」。2021年の第2回目は、アーティストと 研究開発の現場が交わった実例として、ドライビングシミュレーターの音響システムと、そこで使われているテクノロジーをご紹介いたします ....
... READ MORE

Contact

製品仕様から、システムインテグレート、お見積もりや資料請求など、法人購入に関することは、なんでもお気軽にお問い合わせください。
 
おすすめ記事