東映株式会社 DUB1

日本初のDolby Atmos対応ダビング・ステージ

東映東京撮影所のダビング・ステージ「DUB1」の設計にあたりプロジェクト・チームが目指したのは、現時点での最高では無く一歩先でした。一歩先という言葉には、日本初のDolby Atmos対応ということだけでなく、正確な音響再生を実現するための色々な技術的な試みが含まれています。スタジオの施工を任された株式会社ソナ の中原氏がどのように考え部屋を作り、どのような工夫がされているのか。そしてRMEは、「DUB1」でどう活躍しているのでしょうか。

 

RMEの詳細な導入事例を読む

おすすめ記事
InterBEE2019
InterBEE 2019 出展情報
イマーシブ録音の最先ノウハウと実践:Mick 沢口氏
ハイレゾ・アンビソニックス作品の制作秘話:江夏 正晃氏
イマーシブ オーディオとは?
Feel free to contact us!
製品仕様から、システムインテグレート、お見積もりや資料請求など、法人購入に関することは、なんでもお気軽にお問い合わせください。