メディア・イノベーション・ワークショップ|オンライン


" 不可能だったことが、可能になる "

急速な変化が当たり前の世の中で、リアルな現場からの生きた情報を手に入れることは、ビジネス、ひいては業界全体の発展に必要不可欠となります。

メディア・イノベーション・ワークショップは、音楽/音響の分野において「最先端がもたらす変化」を提案し続けてきたエムアイセブングループが、国内外のトップエンジニア/アーティストと共に開催するセミナーです。

「音」の活用は、いまや音楽業界にとどまりません。建築、自動車、研究開発機関、教育現場などその活用方法は、「イマーシブ・オーディオ」というキーワードと共に、大きな変化と広がりを見せています。PAやSRといったステージでの演出、ライブ会場やコンサートホールの空気までをも離れた会場で再現する高臨場の配信、パブリックビューイング、ブランド・プレゼンテーションなど、その活用の可能性はまさに「無限」です。

この可能性を手に入れるためには、正しい知識とノウハウを持った「プロフェッショナル」が必ず必要となります。進化したテクノロジーを知り、それをどのようなアイデアで、どのように活用していくのか。そんな他では手に入らないノウハウを皆様と共有し、業界を活性化させることが本ワークショップの目的です。

2025年には大阪万博も控えるほか、さらなる配信ビジネスの盛り上がりを見せるいま。録音の原点となるマイクから、制作技術、プレゼン方法までを紹介する本ワークショップを通じ、現場で活躍する全ての方へ、ビジネスのヒントとなれば幸いです。

今回限りの貴重なセミナーを是非お見逃しなく!

*「メディア・イノベーション・ワークショップ」は、株式会社エムアイセブンジャパン法人営業部(MUSIC EcoSystems|BIZ)が、グループ会社のジェネレックジャパン、シンタックスジャパンと協力して運営しております。

MIW Online 2022プログラム一覧

プラネタリアTOKYOにおけるイマーシブサウンドの実践

- Session 1 -
2022年3月30日(水)
17:00-18:30


プラネタリアTOKYOにおける
イマーシブサウンドの実践

〜話題のネットワーク・オーディオ
『AVB』の優位性〜

– 講演者 –

高柳洋介(コニカミノルタプラネタリウム株式会社)
宮木朝子(作曲家、空間音響作家)
漢那拓也(サウンドクリエイター)


東京・有楽町マリオン内にあるコニカミノルタプラネタリウムが運営する「プラネタリアTOKYO」

プラネタリアTOKYO には、多目的デジタルドームシアター DOME1 と、プラネタリウムドームシアター DOME2 というふたつのドーム型シアターがあり、いずれも空間音響再生が可能なシステムを整備しています。

DOME1 は22.2 マルチチャンネル、そして、DOME2 には、43.4chが採用されていますが、昨年、DOME1にて、新しいプラネタリウムの楽しみ方として、星につつまれ、思い思いに自由な時間を過ごすことのできる『星空ラウンジ』という新プログラムがスタートしました。

プログラムの目玉は『バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 22.2ch remix』

空間音響作家・宮木朝子氏が楽曲の一音一音を解釈し、1年半をかけてその第1巻全48曲(24の前奏曲とフーガ)を立体音響化し、バッハの意図を空間として再構築。24個のスピーカーが奏でる古典の新解釈として、その日の星空と共に楽しむことができる壮大なプロジェクトです。

なぜコニカミノルタプラネタリウムは、空間音響コンテンツを取り入れたのか? そして、その実現のために、どのようなシステムを組んだのか? この先進的な企画と、その運営に携わるお三方に詳しくお話を伺ってゆく、普段はなかなか覗き見ることができない、プラネタリウムビジネスの舞台裏を紹介するセミナーです。

講演詳細
MIW Coming Soon

-Session 2-
近日アナウンス予定



これまでのメディア・イノベーション・ワークショップ

2018年に「イマーシブ・オーディオ(没入型サラウンド)」をキーワードにスタートしたメディア・イノベーション・ワークショップ。初回のテーマは「Ambisonics」。オーストリア・グラーツ大学のダニエル・ルードリッヒ氏を迎え、アンビソニックス制作ツール ”IEM Plug-in Suite”のノウハウをご紹介頂きました。

第2回となる2019年は開催場所を東名阪に拡張。オーストリア放送協会のサウンドエンジニア、フローリアン・カメラー氏によるイマーシブセミナー、ハイレゾ・イマーシブ・レーベル「UNAMAS」代表の Mick沢口氏によるイマーシブ録音のノウハウ、そして江夏正晃氏によるハイレゾAmbisonics作品の制作秘話。豪華なゲストより3つのトピックを共有頂きました。

2020年には開始場所をオンラインに拡張。より多くの参加者と情報の共有を行うことができるように進化を遂げました。

2020年初回の講演は、グローバルに活躍する空間音響作家・及川潤耶氏によるソニックブランディング に関する講演でスタート。続く22.2マルチチャンネル音響システムのセミナーでは、発明開発者の濱﨑氏、東京藝術大学 亀川教授、WOWOWの入交氏、日本プロ音楽録音賞を受賞作品《Lenna》の細井氏と、その立体音響デザインを担当した(株)WOWOW 蓮尾氏の5名が集結。また、業界最高品質を目指した「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2020」の ライブ配信に携わった5名によるノウハウのご紹介。そして、マイク/ヘッドフォンブランド「Austrian Audio」のCEO、マーティン・ザイドル氏がオーストリアよりリモート登壇、と大盛況のなか幕を閉じました。

過去のアーカイブは、すべて無料でご覧いただけます。ぜひ、メディア・イノベーション・ワークショップでビジネスのヒントを見つけてください!

ワークショップ・レポートの一覧