WORKSHOP

最先端の音響知識やノウハウを広く共有し
全てのビジネスを一歩先へ進めるためのワークショップ

2021年もオンライン形式で開催予定。
セミナー詳細は近日公開予定です。 ご期待ください!

 


 

- 過去ワークショップのアーカイブは下記よりご覧ください -

Media Innovation Workshop 2020 Online

Session 1 イマーシブで飛躍する、空間音響の可能性 ソニックブランディング をはじめとした、新たな「音」の可能性を探る。MI7グループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop | ONLINE」。記念すべき第1回目は、グローバルに活躍する空間音響作家・及川潤耶氏によるワークショップです。 セミナー全編をご覧になりたい場合は、下記「アーカイブ全編」ボタンをク ....
... READ MORE
- Session2 - 「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2020」に見る配信ビジネスの最先端 最先端のインターネット技術をフル活用したオンライン配信のノウハウからビジネススキームまで、実際の現場からの貴重なレポートをご紹介。MI7グループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop | ONLINE」。第2回目は、「フェスタサマーミューザKAWASAKI ....
... READ MORE
Session3 「Lenna」をはじめとする22.2ch音響作品制作を通じて MI7グループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop | ONLINE」。第3回目は、22.2ch音響作品「Lenna」の制作に携わった豪華ゲスト5名によるトーク&プレゼンテーションです。 空間音響技術の可能性にいち早く着目し、発展を共にしてきた業界のリーダーたちと、" イマーシブオ ....
... READ MORE
Session 4 Austrian Audio CEOが語る、製品の魅力と開発思想 マイク/ヘッドフォンブランド「Austrian Audio」代表、マーティン・ザイドル氏がオーストリアよりリモート登壇! MI7グループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop | ONLINE」。第4回目は、マイクロフォン・テクノロジーの最先端に迫る、国内初の講演です。 セミナ ....
... READ MORE

 


 

Media Innovation Workshop 2019

日本が世界に誇るハイレゾ・イマーシブ・レーベル「UNAMAS」代表の Mick沢口氏による、貴重なイマーシブ解説。氏が5年をかけて軽井沢で行なってきた「クラシックシリーズ」でのイマーシブ録音、そのハイトマイクの配置方法を実際の作品を聞きながら徹底解説した貴重な講演。マイキングだけではなく、録音機材や録音技法まで、実践的なレクチャーが行われた。 MI7グループ主催のセミナーイベント「Media In ....
... READ MORE
世界初の高次 Ambisonics (アンビソニックス) アルバムをリリース予定の江夏正晃氏による講演。IEM Plug-in Suiteを使ったアルバムの制作やミックスについての解説やノウハウの伝授だけに留まらず、Ambisonicsの現状や、将来の可能性についてまで網羅した非常に貴重な講演。一般的な2chステレオとイマーシブの制作では、必要なテクニックや課題となるポイントは、似た部分もあれば全 ....
... READ MORE
オーストリア放送協会のサウンドエンジニア、フローリアン・カメラー氏による講演。イマーシブ・オーディオ の主要な方法論とワークフローを初心者にもわかりやすく解説。また、カメラー氏が考えるフィールド・レコーディング時におけるマイクシステムの構築に関するノウハウが紹介された。   「なぜ イマーシブ・オーディオ に取り組むべきなのか?」 2Dから3Dへの発展で、よりエンタテイメント性が高まる。 ....
... READ MORE
  最先端の 立体音響 で、全てのビジネスを一歩先へ。 MI7グループ主催のセミナーイベント「Media Innovation Workshop」、第2回目は、イマーシブ・オーディオ = 立体音響 に関するワークショップが行われました。 現在、音楽だけなく様々な業界でニーズが高まっている「イマーシブ・オーディオ( 立体音響 / 没入型サラウンド )」。今回は、イマーシブの現場の最前線で世 ....
... READ MORE

 


 

InterBEE 2019

イマーシブ・オーディオのリファレンス音源を収録 GENELEC presents のイマーシブ・オーディオのリファレンス音源を、公開前にInterBEE 2019ステージにて特別プレビュー。本ステージには、その素晴らしいサウンドにつられてか、毎回黒山の人だかりができていました。 セミナー講演者は、録音芸術シーンを「ハイレゾ」「イマーシブ」という切り口で牽引する、世界的に著名なエンジニア Mick ....
... READ MORE
実用的かつ高精度な次世代ネットワーク・オーディオ " AVB " の構築を解説 InterBEE 2019にて実施された本セミナーでは、RMEが採用したネットワーク・オーディオ規格 " AVB " の基礎を学ぶ講演が行われました。Danteをはじめとする既存のネットワークオーディオにおける問題点と、 AVB がこれらの問題をどうやって解決し実用的で精度の高いネットワークを構築できるかをわかりやすく ....
... READ MORE
ハイレゾ・アンビソニックス制作の技法をレクチャー UNAMASレーベルより発売が決定した、世界初の7thオーダー・アンビソニックス・アルバム「PIANO Pieces」が初めてパブリックでプレビューされました。セミナーではアンビソニックスの作品をプロデュースした理由を初めアルバム制作に使ったソフトや技法の紹介、そして7.1.4のイマーシブ環境でプレビュー再生がされました。     ....
... READ MORE
MADI/DANTEに関わる現場の「生のTips」を TOTOのアルバム"FAHRENHEIT"でGold Diskを獲得したエンジニア、村上輝生氏が考える「今」ライブレコーディングの現場で求められているものとは? ライブレコーディングを取り巻く環境、MADIやDanteの解説に始まり、高品位かつ安定した録音システムをどのように構築し運用しているのかの解説、また、DanteなどIPプロトコルとMA ....
... READ MORE
ライブ、レコーディングに優れたミキシング・エクスペリエンスを 優れたミキシング体験を提供する米国PreSonus (プリソーナス)社の"StudioLiveシリーズIII S"をご紹介。 APACセールス・マネージャーのLaz Harris氏よるStudioLiveシリーズIII Sの直感的なワークフローの実演に続き、後半はAVBネットワーキングテクノロジーの最前線にあるStudioLiveシリー ....
... READ MORE
コンパクトでクリエイティブなミキシング・システムの実践 ドイツ・フランクフルトを拠点に活躍する音楽プロデューサーKabuki氏による Softube クリエーティブ・ワークショップを2日間に渡り実施。ハードウェア&ソフトウェア・ブランドSoftubeのミキシング・システム「Cosole 1」「Console 1 Fader」や、同ブランドのソフトウェア・プラグインを駆使したクリエーティブな ....
... READ MORE
Aural IDでのモニタリングがもたらすものは 「Aural ID(オーラル・アイディー)」とは ユーザーのパーソナルな頭部伝達関数(HRTF)情報をSOFA(AES69)というフォーマットでファイル化、ID化するサービスです。このファイルを利⽤することでヘッドフォンによるステレオ及びイマーシブ・コンテンツを正確にレンダリングすることが可能になるため、すでに多くの仮想現実(VR)とゲーム、オーデ ....
... READ MORE
Immersive Audio Reference Disk エムアイセブンジャパン 三橋による、イマーシブ音源再生デモンストレーション。BluRay Diskに収められたイマーシブ音源を、BDプレイヤー、AVアンプ、Genelecの同軸スピーカーで組んだイマーシブ再生環境でたっぷりとお聞き頂きました。Blu-ray Diskに収められた音源は、全て、Stereo / DTS-HD Master( ....
... READ MORE

 


 

Media Innovation Workshop 2018

オープンソースのアンビソニックス制作ツール " IEM Plug-in Suite " 。現代Ambisonics理論の震源地であるオーストリアのグラーツ大学より、本ツールの作者であるダニエル・ルードリッヒ氏を緊急招集。まさに「今」現場で求められているAmbisonicsの制作に関するレクチャーとツールの紹介が行われました。   VRゲームや360度動画などの分野で活用される、全方位36 ....
... READ MORE

メディア・イノベーション・ワークショップ とは

株式会社エムアイセブンジャパン法人営業部では、グループ会社のジェネレックジャパン、シンタックスジャパンと協力し、国内外のトップエンジニア・アーティストをゲストとして迎え、最先端のオーディオの知識やノウハウを広く共有できるセミナーイベントを開催しております。

2018年に「イマーシブ・オーディオ(没入型サラウンド)」をキーワードにスタートしたメディア・イノベーション・ワークショップですが、2020年からは、より多くの方が参加できるプラットフォームとして、セミナーイベント会場をオンラインにも拡張することになりました。

Dolby Atmosなどの立体的なサウンドを使い、没入感を高めた映像作品、ライブ・コンサートやシアターなどで立体音響を利用した高い臨場感の演出、ライブ会場の音響を離れた会場にて立体的に再現するパブリックビューイング、さらには、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)、360度動画などの新しい体感型コンテンツの普及と共に、音楽やサウンドも新しい表現手法が必要とされています。

また、映像、ゲームやアミューズメント、コンサートやイベントなどの現場だけではなく、建築やインテリア、自動車、設備、そして各研究開発機関や教育現場など、製品・サービスとメディアコンテンツとの関わりは、ほとんどの業界において年々密になっています。 そして、これらは、決して一過性のムーブメントではないでしょう。近年盛んになってきている配信ビジネスや2025年の大阪万博に向けて、このイマーシブ・オーディオをつかった作品やコンテンツが多数計画されることは想像に難くありません。そして、それらの現場では、正しい知識とノウハウを持ったプロフェッショナルなエンジニアが必ず必要となります。

Media Innovation Workshopでは、最先端の知識とノウハウを皆様と広く共有し、業界ならびに文化の発展に貢献したいと思っております。